本文へ移動
 
 
0
8
4
6
0
8

こんなとき相談ください

不動産を売買(等価)交換する時

「希望している値がつけば不動産を手放したい」と思っている時には

その不動産の「適正な価格」を知っておくことが大切です。

また不動産を買う時や(等価)交換する時も鑑定評価を知っていると安心です。

不動産を担保にする時

不動産を担保に融資を受ける時「鑑定評価書」があれば融資額の予想が可能で便利です。
逆に担保を取る時には、評価額がはっきりしていることが必要です。
また、工場財団を担保にする時には、機械装置を含む鑑定評価が必要ですし、「鑑定評価書」は、各金融機関から高い評価を受けています。

相続などで適正な価格が必要な時

財産相続で一番頭を悩ませるのが土地・建物などの不動産の分配のこと。
鑑定評価を受ければ、適正な価格がはっきりし、公平に分配することができます。

資産評価をする時

土地・建物の「評価替え」をする時や現在の資産価額を知りたい時には、鑑定評価が必要です。
不動産の価格は流動的なものですから、鑑定評価によって、その時々の価格をしっかり把握しておきましょう。

不動産を賃貸借する時

貸しビルやマンションなどの家賃を適正に決めたい時は、ご相談下さい。

また「地代」「契約更新料」「名義書替料」なども鑑定評価の対象になります。

また「借地権」「借家権」「区分所有権」などの財産価値判定の根拠として、「鑑定評価書」

が有効となります。

不動産をもっと有効に利用したい時

私たち不動産鑑定士は、皆様がお持ちの不動産を、さらに有効にご利用いただけるように、

いろいろなご相談を承っております。

不動産のプロによるコンサルティングをお気軽にご利用下さい。

裁判や課税上の不服申し立ての時

裁判上の争いや課税上の不服申立てなどの時、鑑定評価は有効に役立ちます。

共同ビルの権利調整や再開発関連の場合にも

共同ビルの権利調整や再開発関連の場合、権利関係が複雑でとても煩雑なもの。

複雑なものをスッキリさせ、無用のトラブルを防ぎ、スムーズに運ぶためにも、客観的で公平な鑑定評価が不可欠です。

TOPへ戻る